音声ギャラリー

佐竹社長が朝礼でお話下さったこと (40回目)

大事にされる自分づくり

2016年12月30日

ここをクリックすると音声が出ます。音量にお気を付け下さい。

■平成28513日収録 (4:57)

 

佐渡の研修旅行で勉強になったことです。自分が努力しようがしまいが、日本全体、あるいは世界を見ればものすごく進歩していることを勉強させていただきました。

 

川の流れのように川面は流れていないように見えても、中の方はどんどんどんどん流れているのです。経済は平泳ぎの水泳のように思います。不景気の時は潜っているような状態でも進んでいるんです。そして必ず息継ぎで顔を上げます。好景気が必ず来ます。その期間がどちらがどれだけ長い期間になるかです。

のんびりしていてはいけないんです。

 

どうしたら前に進めるのか、どうしたらいいのかをいつも考えることです。そのとき思うのが会社とは人であること、人が一番大事なことです。そして自分も大事にしてもらえる価値ある自分であるかを自問自答することです。

 

平泳ぎで潜っていながらも進んでますか?の自問自答です。あなたが進まなくても世界は進歩しているのです。日本そして世界のトップクラスの人は不景気も関係なく、次に浮き上がる時まで一生懸命進歩しています。例えばスマートフォンです。わずか数年で何兆円もの売上及び財産を若い人たちが作りました。アメリカで発明され、必要とされる進歩はすぐに世界へそして日本へ来てしまうのです。

 

自分はどうでしょうか。経営者は社員、人を大事にしなければいけない。そして自分も大事にしてもいいんです。しかし、その前に自分も大事してもらえる自分になっておりますか?の自問自答です。

 

みんなで大事にされる自分づくりを一緒に勉強して参りましょう。

 

 

 

[ 戻る ]